せたがや経堂のファイナンシャルプランナー

株式会社岩崎ハイエフィカシーオフィス

ブログ

2018.09.01 

ブログ

Insurance Journalへの掲載

皆さま、こんにちは。
せたがや経堂FPの岩崎です。

私はFP相談業務の傍に、執筆活動や生命保険関係のコンサルティングを行うことがあります。(FP相談者様との利益相反にあたるお仕事はありませんのでご安心ください。)

今回はそのうちの一つである、Insurance Journalという生命保険のキュレーションサイトに記事を寄稿していることをご紹介しましょう。
このサイトは生命保険募集人(いわゆる保険の営業パーソン)のための情報サイトです。
「そんな情報サイトに寄稿しているとは、さてはお前も営業側の回し者だな!」と早合点しないでくださいね。
これには私なりの目的意識があるのです。

順を追ってご説明しましょう。

ご存知の通り私はFP相談業務のうち、生命保険に関するご相談を得意としています。
それは私自身が20年近く生命保険会社の本社機構に所属しており、生命保険の商品開発から販売、生命保険会社の運営に熟知しているからです。
当然ながら、FP相談業務においては相談者様の利益のみを考え、そのためのアドバイスをさせていただいております。

残念ながら、生命保険の販売においては、お客様の理解が十分でなかったり、見直しが必要にもかかわらず、放置されてままになっていたり、ということが珍しくありません。
そんな状況を相談者様のお立場に寄り添ってなんとか解消したいと考えているわけです。

その一方で、冒頭ご紹介したように、生命保険を売る立場の営業パーソン向けのサイトになぜ寄稿しているかというと、そうしたお客様がお困りになるような事態を未然に防ぎたい為なのです。
販売する側の人間が少し注意をするだけで、相当数のお客様が加入後に「よく分からない」「どうしよう」といった状況を生み出さずに済むことが増えるのです。
そのために、こうした情報サイトに記事を寄稿しているのです。

FPの守るべき原則の中に、すべてはお客様の利益のために、ということがあります。
これはFP相談業務中のことだけではないと私は解釈しています。
その周辺で微力ながらもお客様の利益のためになることを継続していきたいと考えています。